スマホ版へ変更

JUGEMテーマ:最新ドラマ!!!

 

石原さとみさん主演ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の第1話が10月5日放送されます。

このドラマの最終回の結末で気になるのが、悦子が一目ぼれをした大学生幸人との恋はどうなるのか?

二人のキスシーンは今後あるのかどうか?

気になりますよね。

私の記事では、!悦子と幸人の二人の出会いから恋の結末まで、詳細に原作を元にネタバレしたいと思います。

 

 

 

 

 

悦子と幸人の出会い!

 

 

幸人は覆面作家のため、小説家としての名前は、是永是之(これながこれゆき)を使用していた。

悦子は幸人に直接会う前に、彼が書いたゲラを校閲していた。

小説の題名が、「犬っぽいですね」なのに最後まで犬は出てこなかった。

この小説の内容ですが、ネジ製造企業に勤めるサラリーマンが京浜東北線で蒲田から大宮まで通勤するだけの話だった。

悦子は、ゲラを読んで何がなんだかさっぱりわからず、発熱しそうだった。

悦子は、こんな文章を書く人の頭はどうなっているのかと疑問に思った。

そして、悦子は「犬っぽいですね」の再校を読み過ぎて、逆に是永是之に興味が沸いていた。

WEBで検索窓に名前を入れて画像検索したが、顔が出てこなかった。

悦子は、コーヒーショップへ飲み物を買いに出た。

すると、レジに男が一人並んでいた。

悦子は、その男に目が釘付けとなった。

ドストライクな顔立ちに加えて、服装も完ぺきだった。

その男が去り際に悦子の方をちらりと見た。

悦子は、背中に電流が走り、これは恋だと確信した。

そして、悦子はその男の姿を再びエレベータホールで確認した。

悦子は、エレベータホールへ駆け寄ったが、もうその姿は無かった。

受付の今井にウチの社員かどうか尋ねた。

今井の話では入館証明書を貸し出したと言う。

悦子は、入館申請カードの挟まれたファイルを開き、男の名前を確認した。

名前を見た瞬間に悦子は、驚愕のあまりファイルを落とした。

そこに記された名前が、是永是之(これながこれゆき)だったからだ。

今年が終わる前に悦子は恋をすることが出来た。

悦子はその日、いつもより百円高いプリンを買って帰った。

 

 

 

幸人との再会

 

 

フロントライン登紀子のゲラの進みが芳しくなく、残業することになった悦子は、コーヒーショップへ行くと目の前でキャラメルマキアートを注文している幸人を見つけ、心臓が跳ね上がった。

注文の順番が来ても悦子は動けずに、幸人の動きを目で追っていた。

幸人は、ドリンクを受け取った後に店内の席に座った。

偶然にも店内の席で空いているのは、幸人の隣のソファだけだった。

悦子は、ドリンクを受け取った後に光の速さでその席を陣取った。

そして、幸人の顔をチラチラと見ていた。

すると、幸人が悦子の方を見た。

目をそらそうとしたが、それより前に幸人は悦子に会釈をした。

悦子の首にぶら下がっている社員IDに気が付いたようだ。

「お世話になっています」と幸人が言い、笑顔を見せた。

悦子は、意を決して口を開いた。

「是永是之(これながこれゆき)さんですね」

幸人は、驚き「はいそうです」と答え、「文芸編集部の方ですか」と尋ねた。

悦子は、先日「犬っぽいね」の校閲を担当させていただきました。

幸人は、「えっ、本当ですか!?ありがとうございます。」と言った。

「国語を勉強して、作家になったわけでもないので、校閲さんにはいつも助けていただいて、ありがとうございます。」と続けた。

その後、五分くらい会話をした後に、幸人は悦子に「興味があったら見に来てください」とチケットを渡した。

それは、「東京BOYSコレクション」のチケットだった。

その後、悦子は「東京BOYSコレクション」の画像を検索して、幸人の画像を見つけて本業がモデルだったことを知る。

 

 

 

 

東京BOYSコレクション

 

悦子は、ショーの前日に美容院とネイルサロンに駆け込み、頭から爪の先までピカピカにしてもらった。

そしてショー当日、悦子は服を床に並べて、二時間かけて服を決めた。

悦子は、会場の有明コロシアムへ向かう途中に、米岡に会った。

悦子と米岡の席は、関係者チケットだったので、比較的前のほうだった。

開演ギリギリに入場したため、会場はすぐに暗くなった。

流れていた音楽が大きくなり、レーザー演出と共に前方スクリーンにTBCの文字と映像が点滅する。

そして、幸人が完ぺきな足さばきと共に白いランウェイを歩いてきた。

悦子の心臓は跳ね上がった。

約1時間半ほどのショーの中で幸人は四回登場した。

米岡がショーが終わった後に「幸人を間近で見たい」と言い、ダメもとで係員に聞いて景凡社の社員証を見せるとバックステージバスが渡された。

そして、悦子が幸人に声をかけた。

「本当に来てくれたんですか!えっと、すいません、この間お名前を聞くのを忘れてて」

「河野悦子です。こっとは米岡」

そして、名刺を互いに交換して「今度一緒にご飯でも」と言う流れになった。

 

 

 

 

バレンタインデー

 

今年のバレンタインデーは、悦子にとってとても重要な日であった。

幸人にチョコレートを渡す任務があるからだ。

しかし、悦子は何をあげたら正解なのか判らなかった。

受付嬢の今井に相談するもまともな返事が返ってこなかった。

その頃、会社では本郷大作が行方不明となっており、貝塚とその件について下のラウンジで話していると、幸人が話しかけてきた。

明日から幸人は、フランスへモデルのオーディションに出かけるようで、お土産は何がいいかと悦子に訊いた。

悦子は、「幸人さんが選んだものなら何でもいいですよ」と言った。

そして、幸人が帰ってきたら二人で会う約束をした。

二人が合う日は、2月14日のバレンタインデーの日だった。

悦子は、バレンタインデーの二日前にラブレスでヴァンアッシュのシャツを買った。

2月14日は、悦子は貝塚に拉致されて、午前9時40分に東京駅に来ていた。

行方不明になっていた本郷夫妻を迎え入れるためだ。

この日は風が強く、気合を入れて作った髪型があっという間に崩れた。

いつもの倍の時間をかけて塗りこんだファンデーションには、砂塵が付着し、頬をさわるとざらざらしていた。

本郷夫妻と無事に会うことが出来た悦子は、エリンギの呼び出しにより会社へ戻った。

そして、今井に頼んで髪を巻き直してもらった。

今井に「その人のどこが好きなの?」と訊かれた。

悦子は、「顔」と答えた。

午後は、確実に定時に帰れるように猛然と仕事をした。

待ち合わせ時間は、銀座に午後7時だった。

幸人は銀座四丁目和光前にいた。

そして、二人はちょっと奥まったところにあるコジャレた居酒屋へ入った。

幸人は、パリに行き、いくつものオーディションを受けたが、すべて不合格だった。

時差ぼけのせいもあり、憔悴していた彼を元気づけるために悦子はずっとしゃべり続けた

幸人は、「自分の原稿にあそこまで丁寧に鉛筆や赤を入れてくれた校閲さんは河野さんだけだ」と言った。

悦子は、「そうなんですか」と答え、「ああ、本当になんてかっこいい顔なんだろう」と思った。

そして、悦子はこのまま校閲でもいいかなと思っていた。

今の部署にいたら、幸人の新作を、一般読者よりも早く読むことができるからだ。

悦子は、彼の書く小説が面白いかどうかは判らないが、とにかく顔が好きだから既刊も全部読んだ。

世間では、「めんくい」と呼んで蔑むが、「それの何が悪いの?」と悦子は思った。

 

 

 

 

 

ゴールデンウィーク二人で軽井沢へ!

 

二ヶ月前からほんのりと幸人とお付き合いをしているようなしていないような関係が、続けていた。

バレンタインデーの後、ホワイトデーに一度デートをした。そのあとは一度だけ、ふたりでご飯を食べた。

その夜の帰り際に手をつながれた。

悦子は、ドキドキしすぎて死ぬかと思った。

その後、悦子は花粉症になり、両方の鼻の穴にティッシュを詰めている姿を幸人に見られてしまった。

悦子の頭の中は、真っ白になったが、幸人は悦子を気づかい甜茶のグミキャンディーを悦子の手に握らせた。

彼にとって、「付き合い始めの彼女」と言う位置づけだとしたら、彼氏的にはドン引きだろうと思った。

しかし、実際は花粉症ではなく、「ハウスダストアレルギー」だった。

そんな中、ゴールデンウィークが近づいていた。

悦子は、幸人に連絡をしたかったが、こないだ、酷い顔を見られているため、連絡を取る勇気がなかった。

悦子が考えていると端末が振動を始めた。

相手は、今電話を掛けようとしていた相手の幸人からだった。

幸人は、悦子にゴールデンウィークの予定を訊いてきた。

「もしよかったら、軽井沢に行きませんか?」

「私で良ければぜひご一緒させてください」

メールの内容では、予定は二泊だった。

そして、悦子と幸人は貸別荘に到着した。

貸別荘は、悦子の部屋の5倍ぐらいの広さで、壁一面窓みたいなおしゃれな平屋だった。

お昼は、幸人と来るはずだった友人が予約した店に行くことになっていた。

悦子は、裸になった時に腹が出てたら幸人が幻滅すると思い、小量しか食べないことに決めていた。

そして、二人は貸別荘を出て歩いていると、通りすがりのタクシーの中から貝塚に呼び止められた。

貝塚は、これから竜ヶ峰の別荘でランチパーティーに行く予定だった。

そして、幸人をそのパーディーに誘った。

幸人は、悦子もそのパーティーに誘ったが、怪訝そうに「結構です」と断った。

しかし、運悪く森尾の車も通りかかり、全員でパーティーに行くことになった。

会場には、50人は軽く超える人数が集まっていた。

幸人は、パーティーに来た女たちに囲まれてしまった。

この竜ヶ峰の別荘の主は、なんと景凡社の新入社員である伊藤安二郎だった。

そして、だいぶ時間が経って幸人が悦子のところへ戻ってきた。

幸人は、「自分が勝手にライバルだと思っている作家さんが来ていたので紹介してもらって、話していた」と言った。

悦子は、「どなたですか?」と言った。

「森林木一さんて、よくわからない世界観の小説を書く人です。ライバルっていうか目標かな」

そして、今夜森林さんの家に招かれたようだ。

悦子は、幸人との二人の時間を奪われたため、腹が立っていたが、幸人に誘われたため笑顔で一緒に行くことを了承した。

森林木一は、悦子が校閲を担当していた作家だった。

そして、悦子の身に予想外の事態が発生した。

生理が来てしまったのである。

悦子は、一度別荘へ戻ると化粧ポーチの中からナプキンと鎮痛剤を出してトイレへと駆け込んだ。

そして、悦子は平静を装って、幸人の座っているソファーの横に座った。

すると幸人が「ちょっとこうさせてて」と言って、悦子にもたれかかってきた。

悦子は、幸せを感じた。

しかし、「なぜ私なんだろう?この人は私のこと好きなのか?」と言う疑念が生まれた。

そして、悦子の下っ腹に激痛が走った。

顔を歪めた悦子を見た幸人は、「大丈夫?どうしたの?」と言い、反射的に肩をつかんだ。

悦子が「なんでもないです」と答えた次の瞬間に唇を塞がれた。

以上が悦子と幸人の恋の結末になります。

と言うかまだ、校閲ガールの連載は、「校閲ガールトルネード」で連載中です。

やっと、悦子と幸人はキスまで進みました。

運が悪いのか悦子は、整理になってしまい、大人の関係には至っていません。

今後、校閲ガールトルネードで連載されている内容についてもネタバレしていきます。

悦子と幸人の関係を出会いからあらすじ程度にまとめましたが、ドラマでは悦子や幸人、その他の俳優、女優についても年齢設定が原作と大きく異なっています。

なので、正直原作に沿って悦子と幸人の恋愛が進むかどうか判りません。

原作を既に読んでしまった私にとっては、異なったストーリーの方が楽しめます。

 

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子最新ネタバレ記事

 

校閲ガールの登場人物のネタバレ!ドラマのキャストは誰?

 

地味にスゴイ!校閲ガールネタバレ!本郷大作失踪の謎?

 

地味にスゴイドラマネタバレ!河野悦子が、大失敗により編集部へ異動?

スポンサードリンク



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 天才バカボン3実写ドラマ感想と視聴率!東方神起、ユンホ&チャンミンの演技が話題に!
    柚香
  • 鬼畜の視聴率と感想!玉木宏×常盤貴子の演技の評価は?梅子はなぜ宗吉を庇った?
    かげ
  • 映画ミックス面白いORつまらない?評判まとめ!興行収入は?
    ヒット祈願者
  • 居酒屋ふじネタバレ最終回結末は?原作との違いは!西尾栄一どうなる?
    ヒット祈願者
  • アシガールドラマ感想!漫画との違いや結末は?黒島結菜の演技の評価は?
    ヒット祈願者
  • 映画ミックス面白いORつまらない?評判まとめ!興行収入は?
    ヒット祈願者
  • アガサクリスティ「そして誰も誰もいなくなった」視聴率と感想!仲間由紀恵×向井理の評価は?
    じっちゃん
  • アガサクリスティ「そして誰も誰もいなくなった」視聴率と感想!仲間由紀恵×向井理の評価は?
    lee saeba
  • ドラマ「真昼の悪魔」ネタバレ最終回結末!最後は葉子が捕まる?
     
  • ドラマ「精霊の守り人シーズン2」の視聴率と感想!綾瀬はるか演技の評価は?再放送は?
    yama hisashi

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM